不要になったものは買取業者かリサイクルショップへ

洋服が大好きな私はすぐにクローゼットがいっぱいになります。そして物持ちが良いということや、服に愛着がすごく湧くタイプなのであまり処分しない派なのですが、どうしても新しい洋服がクローゼットに入りきらないときは4つの方法で処分しています。

まず1つ目は普通にゴミとして処分。これは説明するまでもないですね。

2つ目は発展途上国へ支援物資として送る。新聞社などがたまに呼び掛けていて、タイミングが合えば服や靴など持っていきます。主に南アフリカに輸送されるようです。愛用していたものが誰かの役にたつと思うと嬉しくなります。

3つ目は古着買い取り店で買取りしてもらう。
時々TVCMも放映されているセカンドストリートが近所にあるので買取りしてもらっています。ユニクロでも買取りしてもらえますが、そういったファストファッションブランドのものは一着1円で買い取られることが多いです。しかし、ただのゴミとして出していたら0円だったものが1円にでもなれば大したものだと思います。
今まで一番高く売れたものはバーバリーのパーカーです。たしか3000円くらいで売れました。その他若者に人気のブランドは高く買い取ってもらえる傾向にあるようです。ビームスやタケオキクチなど。
いくらブランドものでもシミが付いてたら買い取り不可となったものもありました。

先日はミュウミュウのカバンをもう年齢的にデザインとかが合わないなと思って買取業者に買い取ってもらいました。⇒ミュウミュウ買取

4つ目はヤフーオークションです。3つ目のセカンドストリートに持っていくよりも手間はかかりますが、オークションに出した方が確実に高く売れます。
高価なものだけど私の嗜好に合わなかった頂き物など出品しました。ヒューゴ・ボスの財布は5000円くらいで売れました。
あと、母親が使っていないフェイラーのバッグも5000円くらいで売れました。どちらも新品だったので、そこが良かったのかもしれません。ですが個人情報の扱いや、発送の準備など、面倒くさがり屋の私には続きませんでした。今ではヤフオクのアプリができて簡単に出品できるようなのでまたチャレンジしてみたいと思っています。

私はこのようにして不要となったものを処分というか手元から手放すようにしています。今の時代なんでも購入することができて、物を大事にしないっていう子も増えてきていますよね・・・

捨てるのは簡単ですが、ごみとなってしまう前に買ってくれる人がいるならその人のところにいった方が不要なものも必要なものとなりますからね。すべてにお金が掛かることなのでリサイクルできるものはしていきたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>